井上大志容疑者ら10人、医療債購入の詐欺によって逮捕

医療債購入を巡るトラブルをでっち上げて高齢者から現金をだまし取ったなどとして、大阪府警は26日、大阪市北区大淀中1、無職、井上大志容疑者(34)ら男10人を詐欺などの疑いで逮捕したと発表した。井上容疑者らは現金回収役の「受け子」グループ。府警は山形県警との合同捜査で、少なくとも全国の高齢者8人から計約2000万円をだまし取ったとみている。

 逮捕容疑は今年5月下旬〜6月上旬、佐賀県唐津市の80代男性方に電話。詐欺被害者や弁護士をかたり「医療債を買って被害を取り返したいので名義を貸してほしい」「名義貸しは犯罪。逮捕されないために金を払う必要がある」とうそを言い、現金900万円を大阪府大東市の集合住宅宛てに送らせて詐取した、などとしている。

オレオレ詐欺とはまた違いますが、高齢者を狙った詐欺グループが横行していますね。なんとかならないものか・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!