営利目的で養子縁組をあっせん、「赤ちゃんの未来を救う会」伊勢田裕 代表理事に事業停止命令

 千葉県は27日、営利目的で特別養子縁組をあっせんした疑いがあるなどとして、同県四街道市の養子縁組あっせん事業者「赤ちゃんの未来を救う会」(一般社団法人、伊勢田裕代表理事)に対し、社会福祉法に基づき事業停止命令を出した。養子縁組あっせんでの事業停止命令は全国初とみられる。

 県児童家庭課によると同会は4月ごろ、神奈川県の女性(23)の同意を得て東京都の50代男性とその妻に養子縁組をあっせんした。だが女性は、最終的な意思確認がないまま出産直後の6月21日に産院から男児を連れ去られたとして、縁組の同意を撤回。連絡を受けた警察が夫婦宅で男児を見つけ、7月2日に女性の元に帰された。その間、同会は適切な対応をしなかった。男児にけがはなかった。

 一方、同会は夫婦に2月、「100万円を払えば優先的にあっせんする」と持ちかけ銀行口座に振り込ませ、5月には「さらに資金が必要」として125万円を受け取った。児童福祉法は営利目的の養子縁組あっせんを禁じている。

facebookにはさも当然のようにお金の記載がありますね。

Facebook
https://www.facebook.com/akachanpost/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応