加来正義を逮捕、年寄り宅をターゲットに関西で空き巣200件

大阪、京都、兵庫3府県で空き巣を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は29日、窃盗容疑などで、同府寝屋川市高宮栄町の無職、加来正義容疑者(44)を逮捕・送検し、233件、総額3100万円相当の被害を裏付けたと発表した。「生活費や遊興費のためにやった」と容疑を認めている。

 送検容疑は3月、同府茨木市新庄町の男性(57)方へ窓ガラスを割って侵入し、現金約50万円を盗むなど平成26年5月~今年4月、3府県で空き巣などを繰り返したとしている。

 同課によると、加来容疑者は高齢者らが住む一戸建てを狙い、インターホンを鳴らして不在を確認してから侵入していた。調べに対し、「若い世代の家はローンを抱えており、年寄りの家の方が現金がある」などと話したという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

引用元:200件を超える空き巣で3000万円以上を得ていた加来正義を逮捕しました。ターゲットをお年寄宅に限定した空き巣は今後も増えていきそうですね

twitterでの反応