田母神俊雄被告が保釈、5か月ぶりにシャバへ、保釈保証金600万

平成26年2月の東京都知事選をめぐる元航空幕僚長、田母神俊雄被告(68)陣営による運動員買収事件で、選挙運動員に現金を配ったとして公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた田母神被告について、東京地裁は29日、保釈を認める決定をした。田母神被告は保釈保証金600万円を即日納付した。

 田母神被告は6月に開かれた初公判の罪状認否で「現金を配布したり、配布を了承したりしたことはない」と無罪を主張していた。

元航空幕僚長、田母神俊雄被告が保釈。無罪を主張したからでしょうか、公職選挙法違反で5か月という長い拘留となりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応