「1番でないと絶対ダメ」自民、予算委で民進党代表の蓮舫氏を批判

「1番でないと絶対ダメ」――。30日の衆院予算委員会で、自民党議員から「1位」にこだわる発言が相次いだ。念頭にあるのは、民進党の蓮舫代表が過去に述べた「2位じゃダメなんですか」という、あの言葉だ。

 自民の茂木敏充政調会長は、先端技術の開発や活用で成長戦略を進めるべきだと主張。「自民党は自動走行でもロボットでも、最初から『2番じゃダメなんですか』と、こんなことは決して言いません。『1番を取る』、こういう思いで取り組みをしていきたいと思います」と述べた。

 茂木氏が暗に批判したのは、旧民主党政権時代の蓮舫氏の発言だ。2009年の事業仕分けの際、次世代スーパーコンピューターの開発をめぐり、行政刷新相だった蓮舫氏は「2位じゃダメなんですか」と指摘。物議をかもした。

『2番じゃダメなんですか』に対して「1番でないと絶対ダメ」と返している自民党、小学生みたいなくだらない言葉遊びをしている場合いじゃないでしょうに・・・程度が低いですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応