石橋武夫さん火災で死亡か、羽毛ふとんで有名な京都西川の元社長

2日午後7時5分ごろ、京都市山科区音羽沢町、寝具大手「京都西川」(同市下京区)元社長で相談役の石橋武夫さん(83)方付近から出火し、木造3階建て住宅延べ約250平方メートルのうち2階の寝室の一部が焼けた。屋内から心肺停止の状態で男性が見つかり、病院に搬送されたがまもなく死亡が確認された。京都府警は、石橋さんとみて身元の確認を進める。

 山科署によると、石橋さんは一人暮らしで、病気のため寝たきりの状態だった。寝室のベッド付近が激しく焼け、近くには灰皿があったという。同署は出火原因を調べている。

 同社のホームページによると、創業は1566年。羽毛布団の製造などを行っている。売上高は約189億円(2014年8月期)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応