弟殺害しバラバラにして死体遺棄容疑で竹内愛美を再逮捕へ

千葉県 酒々井 しすい町の民家で9月、住人の老人福祉施設職員竹内 諒 りょうさん(21)の切断遺体が見つかった事件で、県警は4日、同居していた姉の竹内 愛美 えみ容疑者(25)(死体損壊・遺棄容疑で逮捕)を殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、竹内容疑者は、自宅で諒さんを刃物で刺して殺害した疑いが持たれている。司法解剖の結果、諒さんの死因は不明だった。竹内容疑者は諒さんと2人暮らしで、「2週間くらい前に一人でやった。弟と生活上のもめ事があり、死なせてしまった」などと供述しているという。
 諒さんは8月31日の勤務先での目撃を最後に、行方が分からなくなっていた。遺体は9月12日に自宅で見つかり、竹内容疑者は翌13日に逮捕された

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!