八尾嘉明被告、介護疲れで妻殺害、執行猶予の判決が出る

介護疲れから寝たきりの妻(当時79歳)を殺害したとして殺人罪に問われた兵庫県加東市、無職八尾嘉明被告(82)の裁判員裁判で、神戸地裁姫路支部は6日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。

 藤原美弥子裁判長は「献身的に介護をし、肉体的、精神的に疲弊した状態だったことなどを考えれば、大きく非難できない」と述べた。

 判決によると、八尾被告は、ヘルパーを利用しながら妻正乃さんを自宅で介護。4月5日朝、同居の長男に「ヘルパーをやめてリハビリさせる」と言われて、「1人では介護できず、子どもたちにも負担をかけられない」などと考え、正乃さんの首を電気コードで絞めて窒息死させた。

介護疲れで妻を殺害してしまった八尾嘉明被告に執行猶予判決です。誰でも発生しうる介護ですが、八尾被告ははいかいなどを繰り返す妻を数十年介護していたそうです。
自分の身に置き換えたときに心が乱れて犯罪に走ってしまうのも否定できない部分がありますからなんとも複雑な事件です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

掲示板での反応


検察も殺人罪で懲役5年とか最大限、遠慮しているのが分かる


刑務所で人に管理されて生活した方が楽かもだけどな…


家族や近所の人から嘆願書が出てるからね


長男は何故ヘルパーをやめたんだろう
というかこういう場合って施設に入れてもらえないの?


なんでヘルパーさん断わんのよ…長男はアホか


80歳すぎて一人で認知症の配偶者の介護なんてそりゃ無理だ
子どもがいるならそいつらを裁けよ


そもそも高齢化が全ての問題の始まり

その原因はたぶん国民皆保険
アメリカは結局やめたけど正解だろうなあ


泣けてくるな。。。

でも俺も将来は同じかもしれないな。

子どもには負担かけたくない。。。でも貯蓄ないし。


さっきのNHKニュース
地元住民170人から、減刑の嘆願書が出てたようだ
地元では、人徳のある人だったのかね


殺された妻は統合失調症を40年病んでた、それに加えて骨折と認知症


映画の「きみに読む物語」で感動して泣いた人は、こういう現実を知るといいわ
認知症になった妻を施設に入れて、昔話を聞かせてるだけの旦那に
「愛を感じました」とかで涙流してる人は、お花畑にもほどがある


お金はあったけど、他人に頼るのが下手くそな人だったんだ
近所の人たちは大変そうだけどそこまで困っていた風には見えなかった


長男も体調崩して、会社を止めた。
長男に介護させるのは無理だと思った。
長男に嫁がいるかわからないけど、いないと思う。


この手の事件これから増えるよ


何度も何度も市役所に相談に行ってたんだってね
だけど現状の介護サービスでは限界があると言われ、絶望したようだ
カネさえあれば誰も苦しまずに済んだんだろうけどね…


まあ再犯の可能性はないから
その点は執行猶予でも安心だけど


たしかに何ヶ月はどこかに保護した方がいいかも<旦那さん

奥さんのご冥福をお祈りします

twitterでの反応