組員射殺事件、工藤会最高幹部「木村博」に無期懲役、「渡部公章」に懲役18年を求刑

 福岡県中間市で2008年に特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)系組幹部が射殺された事件で、殺人などの罪に問われた工藤会最高幹部、木村博(63)と工藤会系組幹部、渡部公章(43)の両被告の論告求刑公判が7日、福岡地裁(松藤和博裁判長)であり、検察側は木村被告に無期懲役、渡部被告に懲役18年をそれぞれ求刑した。

 検察側は論告で、配下の組員の供述などから「木村被告の指示があったのは明確」と主張。動機について「被害者との間で金銭トラブルがあった」と指摘した上で、「首謀者として多数の配下を巻き込んだ。組織的かつ残忍で、暴力団特有の犯行だ」と非難。弁護側は「木村被告に殺害の動機はない」と無罪主張した。

 起訴状によると、両被告は別の組幹部の南川忠邦被告(48)=1審懲役20年、控訴中=ら3人と共謀し、08年9月10日、中間市の自宅にいた安高(あたか)毅幹部(当時66歳)を拳銃で射殺したとされる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

引用元:http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/incident/mainichi-20161007k0000e040215000c.html