水内貴士元巡査長女性殺害事件、遺族が大阪府警へ質問書を提出

大阪市で昨年1月、山形県西川町出身の社会福祉士白田光さん=当時(23)=が交際相手の元大阪府警巡査長水内貴士受刑者(28)=殺人罪で懲役18年確定=に殺害された事件で、遺族側が7日に大阪府警へ管理責任を問う質問書を提出することが6日、分かった。
 白田さんの父弘之さん(57)=西川町=は河北新報社の取材に「相手の回答によっては提訴も考える」と話し、府を相手にした損害賠償請求訴訟を検討していることも明らかにした。
 遺族側は、水内受刑者が結婚後も複数の女性と交際している事実を当時の同僚らが把握していたことを指摘。府警が指導、監督を徹底しなかったことを問題視している。
 確定判決によると、当時巡査長だった水内受刑者は、白田さんと交際中に別の女性と結婚。上司や妻に知られるのを恐れ、昨年1月24日、大阪市東住吉区のマンションで白田さんの首を絞めて窒息死させた。

遺族としては同僚に言いふらしている時点で何か、止める手立てはなかったのか、と思い悩む状況でしょう。今後、国への賠償請求にまで発展する可能性がありますので大阪府警も真摯な対応が必要だと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応