紀州連合会の「松下功」が殴られて死亡、山口組傘下

9日未明、和歌山市の路上で神戸山口組の傘下団体の会長が数人の男に殴られて死亡しました。警察が詳しいいきさつを調べるとともに、傷害致死事件として逃げた男らの行方を捜査しています。
9日午前1時ごろ、和歌山市北ノ新地分銅丁の路上で、「男らがもめているようだ」と近くにいた人から通報があり、警察が駆けつけたところ、男性があおむけに倒れていました。
警察によりますと、倒れていたのは和歌山県上富田町に住む神戸山口組の傘下団体、紀州連合会の松下功会長(50)で、病院に運ばれましたが、顔などを殴られていて、およそ2時間後に死亡しました。
警察によりますと、松下会長は知人と4人で飲食店にいたところ、店に入ってきた5~6人の男と口論になり、その後、店の前の路上で暴行されたということです。
警察が詳しいいきさつを調べるとともに、傷害致死事件として逃げた男らの行方を捜査しています。

毎日、山口組抗争の事件のニュースが発生している気がしますが、今回は、山口組傘下紀州連合会の「松下功」が殴られて死亡するというニュースです。暴行したものたちは、山口組系倉本組傘下の構成員という情報がながれています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応