公門友行(37)容疑者、9年前に生後二か月だった長女の傷害容疑で逮捕、長女は今も意識不明

9年前、兵庫県尼崎市で当時、生後2か月の長女に暴行して、意識不明の重体にさせたとして、37歳の父親が傷害の疑いで逮捕されました。長女は頭の骨を折って現在も入院していて、警察が詳しいいきさつを調べています。
逮捕されたのは尼崎市の無職、公門友行容疑者(37)です。警察によりますと、公門容疑者は9年前の平成19年5月、自宅のマンションの部屋で当時、生後2か月の長女の頭に手で強い力を加えて、頭の骨を折る大けがをさせたとして、傷害の疑いが持たれています。

長女は現在9歳ですが、依然、意識不明の重体になっていて、入院して治療を受けています。

当時、警察が傷害の疑いがあるとして捜査していましたが、十分な証拠がなかったということで、ことしになって公門容疑者がけがをさせたことを認める供述をしたということです。

警察によりますと、調べに対し、「泣きやまないので、いらいらして頭を強く握った」などと、供述しているということです。警察が詳しいいきさつを調べています。

また、現在、生後4か月の次男も栄養失調の状態で入退院を繰り返していることがわかり、児童相談所が確認を進めています。

公門友行(37)容疑者が9年前に生後二か月だった娘の傷害容疑で逮捕されました。2か月の娘の頭の骨を折ってさらに今も4か月の次男が栄養失調というひどい事件です。長女の意識が戻るといいんですが・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応