「君の名は」聖地巡礼タクシーが登場 飛騨市図書館、気多若宮神社などを巡る

濃飛バス(岐阜県高山市)は10月11日、アニメ作品に登場する実在の場所、いわゆる「聖地」をめぐる「聖地巡礼タクシー」の運行を始めた。

 飛騨古川発の3時間コース、飛騨高山発の4時間半コースの2種類を用意。映画「君の名は。」で主人公の高校生・瀧が訪れる飛騨市図書館、気多若宮神社、同作品のパネルを展示しているさくら物産館などをめぐるほか、劇中の登場人物・奥寺先輩が食べていた五平餅を出す郷土料理店・味処古川にも立ち寄る。

 出発地・到着地は駅前に限らず、予約時に伝えた場所(宿泊地やバスターミナルなど)に変更できる。料金は、飛騨古川コースは中型車(5人乗り)が2万2750円、ジャンボ(9人乗り)が3万100円。飛騨高山コースは中型車が3万5750円、ジャンボが4万7300円(いずれも税込で、施設入場料や有料道路代、駐車料などは含まない)。

聖地巡礼場所

■飛騨市図書館

■気多若宮神社

■さくら物産館

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応