【収賄】姫路市建設局長「後藤竜一」と、建設業「青田章雄」を逮捕、「灘浜大橋」の補修をめぐる収賄、別件の捜査で発覚

兵庫県姫路市発注の橋の補修工事を巡り、設計金額を教えた見返りに現金約50万円を受け取ったとして、県警捜査2課は12日、市建設局長の後藤竜一容疑者(60)=同県福崎町山崎=を収賄など、建設業の青田章雄容疑者(73)=姫路市安田3=を贈賄などの疑いで、それぞれ逮捕した。

 県警によると、後藤容疑者は市役所の局長室で現金を受け取っていた。「頼まれたから価格を教えた」と容疑を認めているという。

 後藤容疑者の逮捕容疑は昨年5月、「灘浜大橋」(同市)の補修工事の一般競争入札で、最低制限価格の算出根拠となる設計金額を青田容疑者に教え、見返りとして現金約50万円を受け取ったとしている。

 工事は同市内の建設会社が、最低制限価格を約50万円上回っただけの1億450万円で落札した。

 県警は、青田容疑者が知人を介してこの会社に価格を伝え、謝礼を受け取ったとみている。会社は漏えいの経緯を知らなかったという。

 姫路市では9月、別の公共工事を巡って道路整備改善課長が収賄容疑で逮捕されたばかり。その捜査の過程で今回の事件が発覚したという。

姫路市建設局長「後藤竜一」と、建設業「青田章雄」が収賄で逮捕されました。別件での公共工事の収賄で操作中に発覚という事で姫路市でこういった悪事が普通に行われていたようですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応