飯村一彦さんが死亡、夫婦で歩いていたら、解体作業中の工事現場から鉄パイプが落ちてきて直撃

14日午前9時55分ごろ、東京都港区六本木3丁目のマンションで工事用の足場の解体作業中、10階部分から鉄パイプ(長さ1・5メートル)が落下し、歩道を歩いていた東京都新宿区の無職飯村一彦さん(77)の右側頭部に突き刺さった。飯村さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。一緒に歩いていた70代の妻も鉄パイプが腰に当たり、軽いけがをした。

 警視庁麻布署によると、現場は地下鉄六本木駅から東に約300メートルの六本木通り沿い。マンションは1階から10階部分まで足場が組まれており、落下防止用の板なども設置されていた。

 現場付近は、事故の影響で渋滞するなど、一時混乱した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応