上川傑(すぐる)容疑者(20)を、菅野恭平さんへの強盗殺人罪で起訴、車でATMを回らせる

自動車メーカー・マツダの社員寮(広島市南区)で社員の菅野恭平さん(19)が現金を奪われ殺害された事件で、広島地検は14日、同じ寮に住む同社社員の上川傑(すぐる)容疑者(20)を強盗殺人罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。捜査関係者によると、上川被告は当初容疑を認めたが、その後黙秘に転じた。また、代理人弁護士によると「殺してお金を奪うつもりはなかった」と話しているという。  起訴状によると、9月14日午後3時35分ごろ、寮2階の非常階段踊り場で、菅野さんの顔を床にたたきつけ、頭部を消火器で殴るなどして失血死で殺害し、現金約120万円を奪った、とされる。  県警によると、菅野さんはこの日、上川被告が運転する車で数カ所の現金自動受払機(ATM)などを巡り、現金約120万円を引き出した。上川被告は数日後、現金百数十万円を自身の銀行口座に入金した。捜査関係者によると、上川被告は知人への借金や車のローンを抱えていた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応