田渕直哉容疑者(23)を逮捕、同志社大理工学部の学生、「態度悪い」と学習塾の生徒を殴る蹴るの暴行

アルバイトで講師を務める学習塾で教え子の中学1年の男子生徒(13)を殴るなどしたとして、京都府警木津署は15日、暴行容疑で、京都府京田辺市三山木上谷浦の同志社大理工学部4回生、田渕直哉容疑者(23)を逮捕した。教え子の「態度が悪かった」と、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は14日午後8時35分ごろ、同府木津川市の学習塾で、同市内に住む男子生徒に対し、顔を複数回殴ったり、足蹴りしたりするなどの暴行を加えたとしている。男子生徒は頬に殴られた痕ができる軽いけがを負った。

 同署によると、男子生徒の母親から同署へ通報があり、事件が発覚した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応