北村優太朗容疑者(21)を逮捕、現役警察官が職務質問を受けて酒気帯びで逃走

 富山県警は16日、富山西署地域課巡査の北村優太朗容疑者(21)(富山市八尾町妙川寺)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。  発表によると、北村容疑者は同日午前5時35分頃、同県射水市小島の県道で、酒気を帯びたまま乗用車を運転した疑い。

 射水市内の国道8号で同日未明、走行車線上で止まったままの車を巡回中の射水署員が発見した。北村容疑者は寝ていたが、職務質問されて逃走。同市内の郵便局の看板に衝突する事故を起こし、通行人に通報された。飲酒検知で呼気から基準値を超えるアルコール分が検出されたという。

 北村容疑者は15日午前で勤務を終え、午後から休みだった。

 県警の渡辺泰輔警務部長は「誠に遺憾。事実関係を調査の上、厳正に対処する」とコメントを出した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応