ワイン・ガードナー容疑者を逮捕、バイクのロードレース元世界チャンピオン1vs3の場面で喧嘩、息子の応援で日本に

栃木県警茂木署は16日、オートバイのロードレース元世界チャンピオン、ワイン・ガードナー容疑者(57)を、男性3人のむなぐらをつかむなどした暴行の疑いで現行犯逮捕し、発表した。ガードナー容疑者は「自分の体をつかんだ腕をふりほどこうとして体をゆすっただけ」などと容疑を否認しているという。

 署によると、ガードナー容疑者は16日午前8時40分ごろ、茂木町桧山のツインリンクもてぎ敷地内で、東京都江戸川区の男性(49)ら3人の胸ぐらをつかみ、体を押すなどした疑いがある。3人が乗っていた乗用車とガードナー容疑者の乗用車が接触し、口論になったとみられる。

 ガードナー容疑者はオーストラリア出身で、モナコ在住。世界選手権500ccクラスの1987年チャンピオン。鈴鹿8時間耐久ロードレースでも4度優勝した。ツインリンクもてぎではオートバイのロードレース世界選手権シリーズ第15戦、日本グランプリが開催され、出場する息子の応援で会場に来ていたという

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応