中村真也被告(50)に懲役6年の有罪判決、東日本大震災の雇用助成金約6億円を詐取

 東日本大震災の特例措置を悪用し、国の雇用助成金約6億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた人材育成会社「ビジービー」(大阪市中央区)社長、中村真也被告(50)に対し、大阪地裁は18日、懲役6年(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。小松本卓裁判官は「会社の延命措置で、被告の地位や収入を守るために不正に及んだ」と述べた。

 判決などによると、中村被告は2011〜12年、同社と関連会社「ビジービー東日本」の仙台支店での売り上げを水増しした虚偽の書類を大阪労働局に提出。被災地での関連事業の売り上げが全体の3分の1以上を占める企業の受給条件が緩和される国の「中小企業緊急雇用安定助成金」(現・雇用調整助成金)を悪用し、計約6億円を詐取した。

 中村被告は「被災者の雇用などにつなげたいと労働局に申請し、だまし取る意思はなかった」と否認していた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

引用元:東日本大震災の雇用助成金約6億円を不正に搾取した事件で、中村真也被告に懲役6年の有罪判決が言い渡されました、大震災でみんなが苦しんでいる時に詐欺で助成金を搾取する行為に執行猶予もなく実刑判決となりました。

twitterでの反応