半沢裕逸や木村烈ら5人を逮捕「ダニがいる」とウソをつき高額な商品を買わせる。3年で約5億円

訪問販売で高齢者に高額な商品を売りつけたとして、警視庁生活経済課は19日、東京都町田市木曽東4、寝具卸売業、半沢裕逸容疑者(41)や横浜市緑区十日市場町、訪問販売業、木村烈容疑者(32)ら5人を特定商取引法違反容疑(不実の告知など)で逮捕したと発表した。同じ会社で働けば都道府県から業務停止命令を受けた場合に一切の営業ができなくなるため、別々に活動する業者を装い、命令後も残ったメンバーが営業を続けられるようにしていた。

 同課によると、5人は2013年12月〜今年4月、26都道府県の約950人と計約4億9000万円の契約を結んでいた。契約者は9割以上が高齢者という。

 逮捕容疑は昨年5月〜今年2月、東京都稲城市の70代女性ら5人の自宅を訪問、「ダニがいる」などと事実でないことを言い、乾燥剤を購入させたなどとしている。木村容疑者は容疑を認めているが、他の4人は否認するなどしているという。

 同課によると、5人は別々の会社に所属していると名乗っていたが、実際は半沢容疑者が木村容疑者ら4人に給与を支払っていた。4人は半沢容疑者の会社が取り扱う商品を高齢者に販売するなど、一体的に営業活動をしていたという。

 木村容疑者が在籍した会社は12年3月に業務停止命令を受けたが、社名を変えて営業を継続。13年3月にも命令を受けた。半沢容疑者はその後、木村容疑者ら業務停止になった会社の社員を集めて現在の形で営業を始めたとみられる。

木村烈容疑者は以前にも東京都から悪質な訪問販売によって業務停止命令(9か月)を受けております。

勧誘行為等の特徴

「布団のメンテナンス」や「洗浄」など、布団の乾燥剤等寝具用品の販売目的であることを明らかにしないまま、一人暮らしの高齢の消費者に訪問の約束を取り付ける。
訪問した消費者宅で、布団を触ったり、掃除をしたりした後、「乾燥剤が必要」等と言い始める。消費者が、「必要ない」「帰ってくれ」と言っても聞き入れず、勝手に商品を開封して布団にセットし、そのまま押入れにしまいこむなど、強引な方法で契約を了承させる。

事業者の概要
 事業者名:総合サービスセンターこと木村烈(法人登記なし)
 代表者名:木村烈(きむらあきら)
 本店住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺本町1-2-1
 設立:平成24年3月26日
 業務内容:布団の乾燥剤等の寝具用品の販売(訪問販売)
 売上高:事業者から資料提出がなかったため、不明
 従業員数:5名(代表者含む)

それによると、被害に合われた方の平均年齢 78.8歳 平均契約金額:約17.6万円(最高42万円)
との事ですお年寄りを狙った悪質な詐欺だといえるでしょう。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/20n3p100.htm より

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応