「葛西りま」さんの写真、批判をうけ黒石市が一転し「最高賞」へ

 青森県黒石市の夏祭りの写真コンテストで、8月に自殺した青森市立中学2年の葛西りまさん(当時13歳)を被写体とした写真が、いったん最高賞の市長賞に決まりながら取り下げられた問題で、高樋憲・黒石市長は19日、「改めて市長賞を授与したい」と述べた。氏名や顔写真が報道によって公開されたことを理由とした。

 高樋市長は記者会見で、「混乱を生じさせて(葛西さんの)ご家族に深くおわび申し上げる」と謝罪。市長賞を取りやめた理由について、「他市が調査中の事案であり、公開されていない氏名や写真を公にしていいのかと思った」と述べた。市長自ら葛西さんの家族に会って、再授賞の了解を得たいとしている。
写真はWEB東奥より引用

黒石よされ写真コンテストで自殺した女子中学生が被写体に入ってたとして、内定を取り消した事件で遺族側が「いじめをなくしてほしい」との願いを込めて写真と氏名を公開、その後、写真のすばらしさから何故取り消した?などの批判が殺到し黒石市は最高賞を受賞すると発表しました。
いろいろと対応の不備があったとは思いますが、これで決着をつけて葛西りまさんのご冥福をお祈りするとともに、いじめがなくなる事を考えていくべきなのでしょうね。
青森県黒石市の地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応