宍戸卓志容疑者(34)ら3人を逮捕、格安スマホ販売会社で購入、アルバイトに転送させて転売、約1億2000万円の売上

 荷物を転送するアルバイトに応募した人の名義でスマートフォンを契約し販売会社からだまし取ったとして、神奈川県警は19日、詐欺容疑で横浜市鶴見区鶴見中央、無職宍戸卓志容疑者(34)ら男3人を逮捕した。宍戸容疑者は黙秘し、他の2人は容疑を認めているという。

 県警サイバー犯罪対策課によると、宍戸容疑者らは求人サイトでアルバイトを募集し、応募者の名義でスマホを契約。応募者の自宅に届いた端末を指定した場所に転送させていた。格安スマホ販売17社から約4000台をだまし取り、転売で約1億2000万円を売り上げたとみられる。

 逮捕容疑は4〜5月、代金を支払う意思がないのに、高松市の格安スマホ販売会社と他人名義でスマホ9台を契約し、だまし取った疑い。 

宍戸卓志容疑者(34)ら3人を逮捕、手口が新しい事と被害額が1億円にもなっても捕まってなかった事が驚きですが、一つの会社単位では数が少なかったのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応