生活に影響か、配偶者控除見直しに賛否

 自民党税制調査会の宮沢洋一会長は29日、読売新聞のインタビューに応じ、専業主婦や年収103万円以下のパート主婦のいる世帯の所得税を軽くする「配偶者控除」を見直す方針を明らかにした。

 年末にまとめる2017年度与党税制改正大綱に改革方針を盛り込むことを目指す。自民党と歩調を合わせ、政府税制調査会も9月から、配偶者控除の見直しに向けた議論を本格化させる見通しだ。

 宮沢氏は「少子高齢化が予想以上に進展している。日本経済のため、女性の社会進出を増やすことが喫緊の課題だ。配偶者控除については問題点が指摘されており、秋から冬にかけて検討しないといけない」と述べた。

引用元:http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20160829-567-OYT1T50102.html

twitterで女性からとみられる意見が多く見られました。税収と生活にかかわる規則ですからしっかりと議論して決めて頂きたいですね。

twitterでの反応

掲示板での反応


どうせ結果的には縮小するんだろ。

当然だろね
扶養控除も含めて検討が必要だと思う
配偶者以上にニートを優遇する必要もないし

ますます少子化が捗るな

廃止する一方、「子育て世帯」を優遇する税制とか給付金を導入するのであれば
世間から広く支持されるんじゃね?

また増税ノミクスか

103万が壁になってるから抵触しないように上限拡大とならんところが
相変わらずクソだなこの国w

配偶者控除なんて明治以降の「家制度」を引きずった税制だし。

それよりも同じ世帯年収額なのに
夫婦共に正社員>>夫正社員・嫁パート社員という格差がある

子育てにお金がかかるのは一緒なのに
夫の稼ぎが多くて嫁の稼ぎが少ない世帯は税負担が重く
夫婦の稼ぎが均等の世帯は税負担が軽い
この不公平を是正してくれ

嫁が稼げないから残業して頑張っているのに
900万超えたら累進課税でガクッと減らされた


>女性の社会進出を阻む壁
別にこれで阻まれているわけじゃないでしょ。
フルタイムで働ける人は働いてるし、家庭の事情や働き口がなくて、パートに甘んじている人もいる
後者の人はなぜ声を上げないんだろうか。

それよりも第三号やろ

6歳まで母親にベーシックインカム10万/月渡せば
少子化も保育園不足も解消される。
将来の人手不足も解消される。
働きたい母親は働いてもいいし、
これでなら見直してもいい。
乾いた雑巾を絞ろうとするな。

税金が足りないのならタックスヘイブンで逃げた連中から搾り取ればいい

それすらしないのは単なる甘え


配偶者控除を無くすより、未婚税で独身を高くするほうがいい

結局、広い意味での増税ということになる。
一億層活躍→共働きでないとやっていけない主婦激増という仕組み

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1472518447/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!