小見慎吾容疑者(33)を逮捕、携帯電話店で暴れて、警察官にかみつくなどした挙句に意識を失い死亡 指定暴力団松葉会系組員

群馬県警高崎署は19日、公務執行妨害の疑いで、住所不詳、指定暴力団松葉会系組員の小見慎吾容疑者(33)を逮捕した。小見容疑者は、警察官に取り押さえられる際に意識を失い、搬送先の病院で死亡が確認された。

 逮捕容疑は同日午後8時ごろ、同県高崎市上豊岡町の携帯電話の販売店で、駆けつけた同署員にかみつくなどの暴行を加え、公務を妨害したとしている。

 同署によると、小見容疑者は同日午後7時半ごろ、同店でトラブルになり、「保険証がなくなった」と110番通報した。その後、駆けつけた警察官の制止を振り切って道路上に飛び出すなどしたため、7人の警察官で取り押さえたという。その後、小見容疑者が意識を失ったため、同署員が119番通報し、病院へ搬送された。

 同署は司法解剖して、死因解明を急いでいる。

携帯電話店で暴れて逮捕された小見慎吾容疑者が死亡しました。取り押さえて意識を失うという事ですので前後の行動を見ると覚せい剤でもやっていたのでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!