平尾誠二さん死去 (53歳)ラグビー日本代表の司令塔、スクールウォーズのモデルにも

ラグビーの元日本代表監督で、日本ラグビー協会理事、神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネジャー(GM)を務める平尾誠二さんが20日、死去した。  53歳だった。

ラグビー日本代表の司令塔だった平尾誠二さんが53歳で死去されたとの事です。闘病中だったようです若くして亡くなられました、平尾さんのご冥福をお祈りいたします。

伏見工業高校、同志社大学商学部卒業。同志社大学大学院修了。

中学入学と同時にラグビーを始め、伏見工業高校で山口良治監督のもと、高校3年時に全国高校選手権大会(花園)で優勝。これを基にテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」は制作された。(ドラマ内では、平山誠の名前で四方堂亘が演じている。)

1982年に史上最年少(19歳4ヶ月)で日本代表に選出
同志社大学ラグビー部在籍時代にはセンターとして史上初の大学選手権3連覇に貢献。1986年には英国リッチモンドにラグビー留学。

1986年、神戸製鋼に入社。社会人時代は、日本選手権で7連覇を達成(V1~V3までは主将)。また、国内チーム相手でゲームキャプテンを務めた試合では負けた事が一度だけ(同志社大学時代の日本選手権対新日鐵釜石戦)と言う抜群のキャプテンシーを発揮する。

ラグビーワールドカップには、第1回(1987年)、第2回(1991年)、第3回(1995年)にそれぞれ出場。特に第2回大会では、日本のワールドカップ初勝利の原動力として活躍した。その後一度は代表を退いたが、第3回大会に向けてのチーム強化の一環として臨時コーチとして招聘され、その後代表選手として本戦に出場した。

1998年1月、現役を引退。その後、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーに就任。
2016年10月20日に53歳で死去。

wikipediaより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応