柴田清治容疑者(20)を逮捕、女性を2km尾行し部屋に入るところを襲う、顔画像など

強姦目的で女性の部屋に押し入って首を絞めたとして、警視庁捜査1課は殺人未遂と強姦致傷容疑で、住所不定、職業不詳の柴田清治容疑者(20)を逮捕した。「声を上げられたので首を絞めたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は16日午前3時ごろ、東京都港区のマンションで、強姦しようとして帰宅直後の30代女性の部屋に押し入り、「ナイフを持ってんだぞ」などと脅し、女性が叫び声を上げたため、殺そうとして首を絞めたとしている。女性が強く抵抗したことで、柴田容疑者は逃走。女性は軽傷を負った。

 同課によると、防犯カメラの映像などから柴田容疑者が浮上。2キロほど帰宅途中の女性の後を尾行し、そのまま一緒にオートロック付きマンションに入る様子が写っていた。女性は「同じマンションの居住者だと思っていた」と話しているという。女性と柴田容疑者は面識がなかった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応