大久保達巳元校長(53)を書類送検、PTA費の持ち出しと有名ホテルで「ゼネラルマネージャー」とウソ、民間登用一期

 大阪市の公募校長制度に嘘の職歴証明書を提出したとして、大阪府警西淀川署は21日、私文書偽造・同行使の疑いで、大阪市立小の大久保達巳元校長(53)=詐欺罪で起訴=を書類送検した。

 府警によると、大久保元校長は平成25年2月、大阪市の公募校長に採用される際、過去約15年間にわたりホテルで勤務したことを示す虚偽の在籍証明書を市教委に提出するなどした疑いが持たれている。

 大阪市の公募校長制度は25年4月、当時の橋下徹市長が主導し導入された。大久保元校長は民間出身で採用された1期生だった。

 市教委によると、証明書には、元校長が有名ホテルでゼネラルマネジャーを務めたなどと記載。実在する外国人幹部の署名が添えられていたが、市教委の調査で証明書の偽造が判明。勤務歴は確認できなかった。

 職歴詐称のほか、PTA会費の校外への持ち出しなども発覚。市教委は26年7月に懲戒免職とし、同年10月に私文書偽造・同行使罪で刑事告訴した。

 元校長は今年8月、徳島県内の飲食業者から預かった金を着服したとして業務上横領容疑で徳島県警に逮捕された。その後、知人2人から現金をだまし取ったとして詐欺容疑で9月に再逮捕され、徳島地検が詐欺罪で起訴した。

橋下徹市長が主導し導入された。民間登用制度で登用され府立大和田小学校へ赴任した大久保元校長ですが、ホテルのゼネラルマネージャと職歴を詐称し、さらにPTA費の持ち出しなども行っておりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応