上田将弘容疑者(29)を逮捕、14人の男児にわいせつ行為、修学旅行中に下半身をさわる

修学旅行中に自身が勤務する小学校の男児の下半身を触るなどしたとして、高知県警は21日、高知市朝倉丙の小学校教諭上田将弘容疑者(29)を強制わいせつ容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。県教委は同日付で懲戒免職処分にした。

 高知南署によると、上田容疑者は9月15日未明、近畿地方のホテルで、男児の下半身を触ったり、自身の下半身を触らせたりするなどした疑いがある。

 修学旅行後、児童らが上田容疑者の行為について話しているのを別の教諭が聞き、校長に報告した。県教委の調査に、上田容疑者は2013年9月以降、ほかにも男児13人にわいせつ行為をしたと認めたという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応