保育士の肱岡綾音(ひじおかあやね)さんが病院で死亡、冨士田清治容疑者(47)の容疑を殺人へ切り替え

 福岡市南区のアパートで保育士の肱岡(ひじおか)綾音さん(28)が刺され意識不明になっていた事件で、肱岡さんが22日夜、治療を受けていた病院で死亡した。福岡県警が発表した。県警は、殺人未遂などの疑いで逮捕した住所不定で職業不詳の冨士田(ふじた)清治容疑者(47)の容疑を殺人などに切り替え、23日に福岡地検に送検する。  肱岡さんは15日夜、同区南大橋1丁目のアパート2階の自室前で倒れているのが見つかった。県警は、肱岡さん方に侵入し、肱岡さんを刃物で刺して殺害しようとしたとして21日に冨士田容疑者を逮捕した。

 肱岡さんは事件の直前、車で外出先から帰宅したとみられる。事件前後には付近の防犯カメラに冨士田容疑者とみられる男が映っていた。捜査関係者によると、これまでの捜査で2人に接点は見つかっていないという。

 また、現場に落ちていた、凶器とみられる包丁は、事前に冨士田容疑者が100円ショップで購入したとみられることも判明。県警は窃盗などの目的で肱岡さんの部屋に侵入し、鉢合わせした場合は包丁を示して居直るつもりだった疑いがあるとみている。

福岡市南区のアパートで刺されて重体となっていた保育士の肱岡綾音が治療先の病院で亡くなりました。現状では窃盗目的で侵入し犯人と鉢合わせして殺害された可能性が高いという事です。許せない犯行です。肱岡綾音のご冥福をお祈りいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応