冨樫篤英さん(53)13日ぶりに発見、弥山への登山中に行方不明、捜索打ち切りも湧き水だけでしのぐ

 奈良県天川村の大峰山系・ 弥山 みせん(1895メートル)への登山中に行方不明になっていた島根県土木部長の冨樫篤英さん(53)(松江市)が22日、弥山山頂から北西約4キロの登山道で13日ぶりに発見された。

 遭難中は湧き水だけでしのいでいたといい、衰弱して 肋骨 ろっこつなども折れていたが、命に別条はないという。

 奈良県警吉野署の発表では、冨樫さんは8日に1人で弥山に入り、下山予定の9日朝に山頂近くの山小屋を出た後、行方不明になった。

 県警などの捜索は20日に打ち切られたが、22日正午過ぎ、登山中の男性(48)に冨樫さんが「2週間ほど遭難していて、崖下からはい上がってきた」と助けを求め、ヘリコプターで病院に搬送された。冨樫さんは、渡されたおにぎり2個と水を口にしたという。

奈良県天川村 弥山

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応