林光明容疑者(51)を逮捕、元警察職員、360万円をだまし取る

 警察職員だと身分を偽り三重県内の男性から360万円をだまし取ったとして、県警四日市南署は24日、長崎市大手3の元警察職員で会社員、林光明容疑者(51)を詐欺容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は昨年5月11日、三重県四日市市の飲食店で、九州管区警察局の技官だと偽り、同市内の行政書士の男性(49)から住宅ローン名目で360万円をだまし取ったとしている。警察局は同年3月末に辞職していたという。

 四日市南署によると、林容疑者は、人づてに紹介された男性に在職時の名刺を見せ、返済の意思がないのに「360万円を借りたい。必ず返す」と説明して同金額を受け取ったが、返していない。林容疑者は、身分を偽ったことは認める一方、「だましたわけではなく返すつもりだった」と容疑を一部否認しているという。

 同署によると、返済期限が過ぎても振り込まれないため、男性が九州管区警察局に所在を確認したところ、林容疑者が辞職していることが判明した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応