中村舜希容疑者(24)を逮捕、運転する車で5人死傷事故、「事故を起こした記憶がない」と供述

宇都宮市で6月、19〜24歳の女性5人が乗った乗用車がガードパイプなどに衝突し、2人が死亡、3人が重軽傷を負った事故で、栃木県警宇都宮中央署は25日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で、運転していたホテル従業員中村舜希容疑者(24)=福島県会津若松市中央=を逮捕した。「事故を起こした記憶がない」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、6月30日午後11時半ごろ、宇都宮市徳次郎町の国道で、制限速度を大幅に超えて車を運転し、右カーブを曲がる際、道路左のガードパイプなどに衝突。同乗の女性2人を死亡させ、別の女性2人に重軽傷を負わせた疑い。 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応