船場哲也容疑者(50)を逮捕、「出禁」なのに性風俗店に利用断られご立腹、山口組弘道会系組幹部

性風俗店への入店を断られたことに立腹し、男性従業員に暴行したとして、大阪府警捜査4課などは27日、傷害と暴力行為処罰法違反の疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組幹部、船場哲也容疑者(50)=山口県下関市川中豊町=ら3人を逮捕した。船場容疑者は「今の立場上、ものは言えない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は10月9日夜、大阪市天王寺区内の性風俗店に押しかけ、20〜40代の男性従業員3人の顔や腹を殴ったり蹴ったりし、うち1人に顔面打撲などの軽傷を負わせたとしている。

 府警によると、船場容疑者は過去に同店でトラブルを起こして「出入り禁止」になっていたのに、電話予約をしようとして断られたことに立腹。仲間の組員を呼び寄せ、「なめとったらあかんぞ」などと怒鳴り声を上げて店に押し入ったという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応