常泉涼介容疑者(38)を逮捕、出会い系サイト「ライン」で高額な利用料を請求、116億円詐取した「フリーワールド」一連の詐欺グループ幹部

 アイドルグループ「AKB48」元メンバーの前田敦子さんら芸能人を装ったメールを送って出会い系サイトに誘導し、高額な利用料を請求する「サクラサイト詐欺」事件で、東京地検は28日、詐欺罪で、ソフトウエア開発「フリーワールド」(東京)元専務、常泉(つねいずみ)涼介容疑者(38)=住居不定無職=を起訴した。

 起訴状によると、サイト運営会社「ウイングネット」(同)と共謀し、平成24年4〜6月、ウイングネットの出会い系サイト「ライン」の会員に対し、前田敦子さんやマネジャーになりすまして「相談に乗って」と持ちかけてメッセージをやりとりし、サイト利用料計約163万2千円を詐取したとされる。

 警視庁が昨年12月に常泉被告の逮捕状をとり、外務省が今年8月、旅券返納命令を出していた。その後、台湾から帰国した常泉被告を9月19日に逮捕。10月7日に再逮捕していた。

 捜査関係者によると黙秘している。フリーワールドはウイングネットの上位組織とみられる。

以前に「ウイングネット」関連で逮捕のニュース

元AKB48の前田敦子さんなど、芸能人になりすまして不特定多数にメールを送って
出会い系サイトに登録させ、サイト利用料の名目で、最大で37万人余りから
116億円以上を集めていた詐欺グループが警視庁に摘発され、男女9人が逮捕された。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、出会い系サイト運営会社元役員・山中孝浩容疑者(34)や
元役員・藤枝隆一容疑者(47)ら男女9人。山中容疑者らは2012年、埼玉県の男性に、
元AKB48の前田敦子さんのマネジャーになりすまして、「本人が悩んでいるので、
相談に乗ってあげてください」などとメールを送って、出会い系サイトに登録させ、
その後、前田さんになりすましたメールを送るなどして、サイトを利用させ、
サイト利用料の名目で、およそ136万円をだまし取った疑いが持たれている。

山中容疑者らはアルバイトに、有名芸能人やマネジャーを装ってメールをやり取りさせ、
最大で、37万人余りからサイト利用料の名目で116億円以上を集めていたとみられている。
山中容疑者は、容疑を否認しているという。

引用:FNNニュース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応