【鉄道】 山形新幹線 つばさのE3系がラストラン「奥山清行」がデザインしたシルバーの人気車両

1992年の開業以来、シルバーメタリックの車体で親しまれ、塗装変更により見納めとなるシルバーカラーの山形新幹線つばさのラストランが29日、JR新庄―仙台間で行われた。

 新庄駅を出発し、福島駅を経由して仙台駅に向かう特別運行で最後を飾った。つばさが停車する県内10駅では、花笠踊りによる出迎えや特産品の振る舞いなどで盛り上げた。

 山形駅新幹線ホームには、子どもから大人まで多くの鉄道ファンが集合した。停車している8分間、車体を触ったり記念撮影したりして最後の思い出作り。出発時刻になると「つばさ、ばいばい」などと声を掛け、見えなくなるまで銀色の車体を見送っていた。

 山形九小6年の上原大知君(11)は「東京に行く時によく乗っていたので思い入れがある。最後だから悲しいけど、銀色のつばさを見ることができて感動した」と話していた。

 デビュー当時、最新鋭の機能を搭載した「つばさ」は近未来的なシルバーメタリックのボディーで注目を集めた。車両は400系からE3系になったが、銀色の色調は受け継がれてきた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

掲示板での反応


撮り鉄大暴れですね


マイトガインの片腕無くなったな


山形-新庄 なんて停車駅が多すぎて快速レベルしか速度でない
この区間のなんちゃって新幹線など新幹線じゃない


仙山線を通れば近かったのに
十分で着く?


ひかりとこだましか乗ったことのない俺様がちょっと通りますよ


福島~仙台間を乗れるのはレアかも

twitterでの反応