五王敬治被告(39)に禁錮1年2月の実刑判決、ポケモンGOをしながら運転し女性2人を死傷

 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」をしながら車を運転し、女性2人をはねて死傷させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた徳島市南二軒屋町の農業 五王 ごおう敬治被告(39)の判決が31日、徳島地裁であり、荒井智也裁判官は禁錮1年2月(求刑・禁錮1年8月)の実刑判決を言い渡した。

 荒井裁判官は判決で「事故の主原因は、ながらスマホによる前方不注視。過失の程度は非常に大きい。運転者の利用禁止が表示されるゲームを利用するなど、危険な状況を自ら招いたもので、単純な過失事案とは一線を画する」と指摘した。

 判決などによると、五王被告は8月、徳島市の県道交差点で軽ワゴン車を運転中、助手席に置いたスマホのゲーム画面に気をとられ、女性2人をはね、1人を死亡させ、もう1人に重傷を負わせた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応