宮崎重(59)を逮捕、「入院費が必要」と、大学生(20)から100万円を搾取

「入院費が必要」などと同情を誘い、現金をだまし取ったとして、京都府警中京署は30日、詐欺容疑で住所不定、無職の宮崎重容疑者(59)を逮捕した。「入院費で借りたが、返すつもりだった」と容疑を否認しているという。  逮捕容疑は28日午後7時から同7時半ごろ、京都市下京区の路上で、滋賀県草津市の私立大2年の男子大学生(20)に「入院するのに今日中にお金を払わないといけない。必ず返すから貸してほしい」などとうそを言い、計40万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、宮崎容疑者は今年2月ごろ、京都市内で男子大学生に道を聞いたことを機に知り合い、メールでやりとりしていた。調べに対し、宮崎容疑者は「これまで入院費などで100万円くらい借りた」と供述しており、同様の手口で犯行を繰り返していたとみて、調べている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応