【木村博】(63)被告に無期懲役の判決、工藤会系組幹部、「安高毅」射殺事件、共犯の渡部公章被告(43)は懲役15年

 福岡県中間市で2008年に特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)系組幹部が射殺された事件で、殺人罪などに問われた工藤会幹部、木村博被告(63)に対し、福岡地裁(松藤和博裁判長)は31日、「犯行を主導し、共犯者の中でも最も重い責任を負うべきだ」として求刑通り無期懲役を言い渡した。

 実行役に被害者の居場所を連絡したとして同様に殺人罪などに問われた工藤会系組幹部、渡部公章被告(43)は「従属的だった」として懲役15年(求刑・懲役18年)とした。

 木村被告は事件への関与を否認して無罪を主張していたが、松藤裁判長は「配下の組員に殺害の指示をし、殺害後には報告を受けていた」と認定。動機については「被害者との間に金銭トラブルが認められ、それを契機に殺害を決意したことは十分ありうる」と述べるにとどめた。その上で「意に沿わない人物を排除する目的があったことは間違いなく、身勝手で厳しい非難に値する」と断じた。

 判決によると、両被告は別の工藤会系組幹部、南川忠邦被告(48)=2審で懲役20年判決=ら3人と共謀し、08年9月10日、中間市の自宅にいた安高(あたか)毅幹部(当時66歳)を拳銃で射殺した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応