プロレス団体「ノア」、IT企業「エストビー」へ事業譲渡、丸藤正道が仲介役に故三沢光晴さんが創設

故三沢光晴さん(享年46)が創設したプロレスリング・ノアがITシステム開発会社「エストビー」(東京・千代田区=不破洋介社長)に事業譲渡する方針で合意に達したことが31日、本紙の取材で明らかになった。事実上のオーナー会社になる模様で、プロレス部門のトップには元全日本プロレス社長・内田雅之氏(54)が就任する予定。ここ数年、低迷が続いていたノアは、同社の下で早期再建を目指す。

 プロレス界に激震が走った。複数の関係者の証言を総合すると、ノアはこの日までにエストビー社に事業譲渡することで合意に達したという。譲渡額は不明だが、ノアの登録商標のほか、ベルトなどの動産なども同社が譲り受けることになる。

 わずか3週間でのスピード決着だった。長期的な観客動員の低迷などから団体の業績が悪化する中、ノアは自力での再建策を模索。東京商工会議所に相談するほか、新たなスポンサー探しに奔走していた。10月上旬には団体の中心選手である丸藤正道(37)が内田氏と極秘接触。2年前にプロレス界から離れていた内田氏が役員を務めていたのが、エストビー社だった。

「(エストビー社が)新たな事業展開を考え、資金調達をしていた最中だった。プロレス事業には縁がなかったけれど、内田氏がノアとつなげ、再生しようという話になった」(関係者)

 同社がノアの内情を精査した結果「プロレスの天才」と呼ばれる丸藤を筆頭に、10月23日の横浜大会でGHCヘビー級王者になった中嶋勝彦(28)や潮崎豪(34)、マサ北宮(28)といった若手からベテランまで業界屈指の選手層を誇ることが魅力的に映ったという。

 さらには日本テレビがCS放送を続けており、かつて業界の盟主として君臨したそのブランド力とコンテンツにエストビー社も注目。「再生は可能」と判断され、この1週間の間にトントン拍子で事業譲渡することが正式に決まった。今後はエストビー社も新体制に変わる模様で、取締役会長に内田氏が就任する方向で調整されている。現在ノア社長を務めている田上明氏(55)は、エストビー社の相談役就任を打診されている。

 所属選手はそのままで現在発表されている大会日程にも変更はない。かつて武藤敬司(53=W―1)体制下の全日本プロレスを支え、業界を熟知する内田氏が事実上のプロレス部門トップとして陣頭指揮を執り、早期の業績回復を目指す。同時に年内の増資に向けて動きだしており、軌道に乗ればプロレス事業部の独立も視野にあるという。

 今回とケースは異なるものの、2012年には業界最大手の新日本プロレスが、ブシロードを親会社として一大飛躍を遂げている。

 31日には東京・有明のノア事務所に全所属選手とスタッフが集められ、初めて事業譲渡についての説明があった。ある主力選手は「急な話でビックリしたけど、プラスに考えて前を向いてやるしかない」と話した。今日1日にも正式発表される見込みで「グローバルリーグ戦2016」開幕戦となる3日の東京・後楽園ホール大会から新体制がスタートする。旗揚げ17年目で一大転換期を迎えた方舟は、再びマット界の中心を目指して新たな航海に出る。

エストビー社とは?

社名:エストビー株式会社
代表取締役:不破 洋介
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-14 カーサ九段坂ビル2階
資本金:1000万円
URL:http://www.estbee.co.jp
事業内容:ECサイトの企画・開発・運営代行
商品プロデュース・制作
マーケティング、プロモーション、コンテンツの企画・制作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応