鴨志田穂積と秋山信芳を逮捕、不正入札の疑い、埼玉県坂戸市

 水道事業関連工事の入札で便宜を図った見返りに現金を受け取ったとして、警視庁捜査2課は9日、埼玉県坂戸市の一部事務組合「坂戸、鶴ケ島水道企業団」の主査、鴨志田穂積容疑者(60)=埼玉県鶴ケ島市松ケ丘4=を収賄容疑で逮捕した。東京都足立区の水道事業会社「協和水環境システムズ」の元代表取締役、秋山信芳容疑者(48)=千葉県松戸市中和倉=も贈賄容疑で逮捕した。  逮捕容疑は、昨年6月に実施された鶴ケ島浄水場の設備点検工事の指名競争入札に絡み、同9月ごろ、秋山容疑者から約20万円を受領したとしている。工事は同社が約1300万円で受注し予定価格に対する落札率は約92%だった。いずれも否認しているという。

 同水道企業団は坂戸市と鶴ケ島市の水道事業を取り扱う一部事務組合で、職員は地方公務員。企業団の入札記録によると、同社は今年7月までの2年間で少なくとも3工事を指名競争入札で受注している。

協和水環境システムズの地図と概要

〒121-0824 東京都足立区西伊興3丁目15−18

協和水環境システムズの指名入札記録(坂戸、鶴ヶ島水道企業団HPより)

33

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応