【田尻賢一】死刑囚に死刑が執行される。熊本で2件の強盗殺人で2人を殺害、事件概要

平成16年と23年に熊本県内で2人の女性を殺害し、金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われ、裁判員制度の下で死刑が確定していた田尻賢一死刑囚の死刑が、11日午前、執行されました。裁判員制度の下で死刑が確定し、執行されたのは2例目です。 死刑が執行されたのは田尻賢一死刑囚(45)です。田尻死刑囚は、平成16年に熊本県宇土市で当時49歳の主婦を殺害し、平成23年には熊本市で当時65歳の主婦を殺害して、いずれも現金などを奪い、強盗殺人などの罪で死刑が確定していました。 田尻死刑囚は1審の裁判員裁判で死刑が言い渡されていて、平成21年に始まった裁判員制度の下で死刑が確定し、執行されたのは2例目です。

第2次安倍内閣以降で死刑が執行されたのは、ことし3月以来10回目で、合わせて17人になりました。

田尻賢一が起こした事件

■熊本県宇土市、医師宅強盗殺人事件

2004年3月13日、熊本県宇土市走潟町でゴルフ練習場から帰宅した医師が、自宅玄関で当時49歳の妻が血を流して倒れているのを見つける。

妻は頭に殴られた跡が複数あり、顔を刃物で刺され失血死していた。
室内には血の付いた包丁が落ちており、物色した跡があり、現金約18万円とキャッシュカード9枚などを奪う。

当時、田尻賢一死刑囚は、「殺して現金を奪った。面識はなかった」と容疑を認めている

こちらの事件は未解決事件として迷宮入りをしていた。

■熊本市会社役員夫婦強盗殺傷事件

2011年2月23日午後6時頃、熊本市渡鹿2丁目の民家から「男が大声を上げて、玄関をたたいている」「隣の人が血を流して倒れている」と110番通報があった。

熊本東署員が駆け付け、民家の玄関近くで男性が、隣家の中で女性がそれぞれ刺されて倒れているのを発見。病院で65歳女性の死亡を確認、夫で72歳の男性は重傷。

■自首

2011年2月25日午後4時頃、熊本市長嶺東5丁目の田尻賢一が、家族に付き添われて熊本東署に出頭。26日未明、熊本市渡鹿の72歳会社役員方で、妻の65歳女性が刺殺され、72歳男性も重傷を負った事件で、熊本東署捜査本部は、殺人、殺人未遂容疑で無職の39歳男を逮捕。

その後、田尻賢一は、県警の調べで宇土市の事件を実行したことを認める供述をはじめる。
県警は、男が宇土市での事件当時着ていたとされる衣服を田尻の供述通りに熊本市富合町の山中で発見した。

3月26日、熊本県警は、熊本県宇土市で2004年、医院長の49歳妻が殺害された事件で、田尻賢一を強盗殺人、住居侵入容疑で再逮捕。4月16日、熊本地検は、強盗殺人、住居侵入罪で田尻賢一を追起訴した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応