【東芝EIコントロールシステム】で不正計上、5.2億円を会社ぐるみではなく社員が不正と発表、東芝100%子会社

 東芝は11日、子会社の社員が約5億2千万円の売り上げを過大計上する不正をしていたと発表した。歴代社長らが関与していた一連の組織的な不正会計問題とは異なる個人の不正だとしている。ほかに同様の不正がないことを確かめ、2016年9月中間決算の売上高や営業損益を修正したという。13年4月以降に関与していた別の社員も含めて処分を検討する。

 産業プラントの監視システムをつくる東芝EIコントロールシステム(福岡市)の営業担当社員が03年以降、取引先との実際の契約を上回る金額を計上していたという。製造コストが増えた分を上乗せする取引先との交渉を怠ったまま「未回収金」として処理し、責任者も資料の確認を怠っていた。一連の不正会計問題を受けたチェックの過程で発覚した。

東芝EIコントロールシステムについて

社名:東芝EIコントロールシステム株式会社
設立:1970年6月
代表者:代表取締役社長 菅野 幸夫
本社所在地:〒810-0072福岡市中央区長浜二丁目4番1号 東芝福岡ビル8階
資本金:2億円(株式会社東芝100%出資)
従業員数:約500名
年商:約100億円
主要取引銀行:三井住友銀行・伊予銀行

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応