上江州幸子(83)夫の見舞い帰りに病院内で事故、安和竜洋さん、市川妙子さんがはねられ死亡

 12日午後3時ごろ、東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センターの敷地内で、上江州幸子さん(83)=国分寺市東戸倉=の運転する車が、男女をはねた。2人は意識不明の状態で同センターに搬送され、間もなく死亡が確認された。上江州さんは「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と説明している。上江州さんもけがをしており、警視庁は自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑も視野に、回復を待って詳しく事情を聴く。

 同庁立川署によると、死亡したのは会社役員安和竜洋さん(39)=八王子市犬目町=と、パート市川妙子さん(35)=小平市中島町=。2人は知人で、病院の駐車場出口から約25メートル離れた敷地内の歩道を歩いていたという。

 通報者の男性が駐車場出口にあるバーの折れる音に気付いて目を向けると、激しくエンジン音を鳴らした車が歩道に突っ込み、前を歩いていた2人をはねたのが見えたという。同署員が駆け付けた際、車は近くで前方が大破した状態で止まっていた。

 上江州さんは入院している夫を見舞いに行った帰りだったといい、車内には1人でいた。認知症は確認されていないという。現場にブレーキの跡はなかった。

国立病院機構災害医療センター

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応