佐々木孝一(56)を逮捕、元ジブラルタ生命社員、保険契約を装い10年で2億円詐欺、秋田

秋田県警横手署などは17日、架空の保険契約を装って顧客から保険料名目で現金をだまし取ったとして、ジブラルタ生命保険秋田支社の元営業社員、佐々木孝一容疑者(56)=同県湯沢市上関=を詐欺容疑で逮捕した。「間違いない。借金の返済に充てた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、社員だった2015年11月27日、湯沢市役所で個人年金保険の契約を装い、同市内に住む40代の公務員の女性から約200万円をだまし取ったとしている。

 県警は、佐々木容疑者が約10年間にわたり、同県内の約30人から計約2億円をだまし取ったとみて捜査している。同社は9月末に懲戒解雇し、10月下旬に県警に告発していた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応