【わいせつ警官】 森永雄太容疑者(26)を淫行で逮捕、佐賀県警巡査、17歳の女子高生とみだらな行為

福岡県警は22日、女子高校生にみだらな行為をしたとして、佐賀市日の出1、佐賀県警巡査、森永雄太容疑者(26)を福岡県青少年健全育成条例違反=淫行(いんこう)=容疑で逮捕した。佐賀県警に採用される前の事件で、容疑を認めているという。県警は処分を検討する。

 逮捕容疑は5月15日午後4時ごろ、北九州市小倉北区の当時の自宅マンションで、女子高生が18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとしている。

 両県警によると、当時は会社員で、佐賀県警の採用1次試験を終えた後だった。女子高生とはインターネットの掲示板を通じて知り合っていた。今年10月に佐賀県警に採用され、県警察学校で研修を受けていた。補導された女子高生のスマートフォンの履歴から森永容疑者が浮上した。

 佐賀県警の下野哲史警務部長は「誠に残念で重く受け止める。捜査で明らかになった事実を踏まえて今後適切に対処する」とのコメントを出した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応