【JR越後線】 列車にはねられ死亡の男子高校生 (15)いじめ苦に自殺か、パジャマ姿で両手をあげて・・・

21日、新潟市で列車にはねられて死亡した高校1年生の男子生徒が、いじめについて学校側に相談し、自宅からは、いじめをほのめかす遺書のようなメモが見つかったことがわかりました。新潟県の教育委員会は男子生徒はいじめを苦に自殺した可能性が高いと見て、教職員から聞き取りを行うなどして調査することにしています。 21日午前5時ごろ、新潟市西区のJR越後線の線路内で、新潟市内の県立高校に通う15歳の1年生の男子生徒が列車にはねられ死亡し、警察は現場の状況から男子生徒が自殺したと見ています。

この男子生徒は、今月はじめ「校内でいじめられている」と学校側に相談していたほか、自宅からは「死にたい」などと書かれたいじめられていたことをほのめかす遺書のようなメモが見つかったことが新潟県教育委員会などへの取材でわかりました。

学校では22日、全校集会を開いて男子生徒が死亡したことや、いじめの相談を受けていたことを生徒に伝えたということです。県教育委員会は、男子生徒がいじめを苦に自殺した可能性が高いと見て、今後教職員や生徒から聞き取りを行うなどして調査することにしています。

目撃者のTwitter

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応