【博多駅前でまた陥没】 前回の陥没地点周辺で最大7cm沈下、付近は通行止めに

福岡県の博多警察署によりますと、26日午前1時半すぎ、JR博多駅前の道路が大規模に陥没した現場の周辺で、「再び道路が5センチほど道路が沈み込んでいる」という通報があったということです。警察が現場で調べたところ、道路が数十メートルの距離にわたって5センチほど沈んでいるのを確認したということです。このため、警察は午前1時45分から、博多駅前の交差点から博多区役所南口の交差点までを全面通行止めにして、道路の詳しい状態などを調べています。
福岡市交通局の工事事務所によりますと、道路の沈み込みは、今月8日に陥没が起きた現場を中心に確認され、深さは最大で6.9センチ、車道の真ん中付近では6センチ程度沈んでいるのが確認されたということです。

九州電力によりますと、午前3時現在、付近などで停電の情報は入っていないということです。

また、西部ガスによりますと、現場に担当者を派遣し、ガス漏れがないか確認しているということです。これまでのところ、ガスの臭いがするといった情報はないということで、西部ガスはさらに検知器を使うなどして詳しく調べることにしています。
前回の大規模陥没は 現場周辺は今月8日、幅およそ27メートル、長さおよそ30メートル、深さおよそ15メートルにわたって陥没しました。

福岡市などは前回の陥没が地下鉄の延伸工事に関係して起きたと見ていて、今後、国土交通省所管の土木研究所に設置される調査委員会が原因の究明に当たることにしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応