「PANDA EXPRESS」日本再上陸、1号店はラゾーナ川崎、初日から大行列、「Taco Bell」「SHAKE SHACK」に続けるか?

「SHAKE SHACK」「Taco Bell」などアメリカで人気のフードチェーンが、相次いで日本にもオープンして話題を集めているが、今年最大級のフードチェーンがついに日本市場に参入した。それが、1983年に創業しアメリカを中心に世界に約2,000店舗を展開するチャイニーズレストラン「PANDA EXPRESS」である。純然たる中国料理ではなく、アメリカでアレンジされた「アメリカンチャイニーズ」だ。

かつて、PANDA EXPRESSは日本企業へのライセンス供与という形で一度出店し、残念ながら撤退した過去がある。満を持しての日本再進出のパートナーに選んだのは、国内外で「一風堂」などの飲食ブランドを多数展開する「力の源ホールディングス」。運営は力の源ホールディングスの子会社であり、PANDA EXPRESSとの合弁会社である「I&P RUNWAY JAPAN」が手掛ける。(プレスリリース) これまでもアメリカで人気の外食チェーン店が鳴り物入りで日本進出するも撤退し、数年後に再上陸というケースがあった。ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」は1993年に日本に初上陸するも十年足らずで撤退。その後、ロッテリアのグループ会社によって再上陸を果たしている。また、スイーツチェーンの「シナボン」も1999年に初進出したがこちらも十年で撤退。3年後にパートナーを変えて日本再出店をしている。

新生PANDA EXPRESS日本1号店は、JR川崎駅直結の大型商業施設「ラゾーナ川崎」のフードコートに11月25日オープンした。本場アメリカでも大型ショッピングセンターへの出店で勢力を伸ばしてきたPANDA EXPRESSだけに、日本有数の集客力を持つラゾーナ川崎へ1号店を出店するのは自然な流れであるように思える。さらに日本で運営する力の源ホールディングスは、豚骨ラーメンのフードコート業態「IPPUDO RAMEN EXPRESS」を展開しており、日本のフードコート事情にも精通している。

開放感のある店舗で目を引くのは、およそ38m2ある店舗スペースの大半を占めるキッチン部分。外からも良く見えるオープンキッチンでは、休むことなく鍋が振られて出来立ての料理が次々とスチームカウンターに補充されていく。その場で作っているというライブ感と共に、フードコート全体にまで届きそうな調理の音、そして香り。目の前で作られた出来立てのものを、湯気が冷めないうちに食べられる。このライブ感こそがPANDA EXPRESS最大の武器である。

続きはURLから

パンダエクスプレスHP

https://www.pandaexpress.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

掲示板での反応


再上陸だと何度言ったら…


なんか良さげじゃねーか


アメリカじゃいけても日本じゃまた無理で再撤退だろうなぁ


「アメリカ」で人気の「中国」レストランが「日本」に1号店・・・
って、ワケがワカラン


へー日本でもアメリカ中華が食えるのか

台湾系レストランチェーンも出店してくれるといいな
たまにあの長細い米のチャーハンとか食べたくなる


これだろ うまそうだった
https://www.pandaexpress.com/


そういや世界的な日本食レストランチェーンってないね


ブルーボトルも一度日本から撤退したけど
「コーヒー界のアップル」と名付けただけで
西海岸以下、馬鹿どもで繁盛してるからな

切り口変えたらいくらでもチャンスはあるんだろう


スタンフォードに留学してた頃、毎日パンダエクスプレスで照り焼きチキン食ってたらデブになった


ファンドや株主への、出店したけど失敗しましたの言い訳作り


安くてガッツリが出来ないなら撤退するだけだと何度痛い目にあえば理解するのだろう。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1477376395/

twitterでの反応