【旅客機事故・画像あり】 コロンビアでブラジル一部リーグ「シャペコンセ」のサッカーチームなどを乗せた旅客機が墜落3人生存か、生存者の一人はDFの「アラン・ラスケル」

画像は、出発前の飛行機の様子、写真右が生存が発表されたアラン・ラスケル選手(Alan Ruschel)



instagramより


サッカーのブラジル1部に所属する「シャペコンセ」の選手ら乗員乗客81人が乗った旅客機が28日夜(現地時間)、コロンビア中部メデジンに向け飛行中、メデジン付近の山間部に墜落した。  同チームは南米各リーグの中位クラブチームが出場する「コパ・スダメリカーナ」決勝を戦うため対戦相手のアトレティコ・ナシオナルが本拠を置くメデジンに移動していた。

 墜落原因は明らかになっていないが、最近のコロンビアは天候が悪いという。

 墜落現場で捜索に当たった地元の消防隊長によると、少なくとも3人の生存者を発見し、メデジン郊外の病院へ搬送した。生存者の一人はDFのアラン・ラスケル(Alan Ruschel)選手。
 画像は23日に行われたコパ・スダメリカーナ準決勝でサン・ロレンソ(アルゼンチン/ユニホーム:白)と戦うシャペコンセ

シャペコンセに所属する元Jリーグ選手

チアゴ(京都)
モイゼス(福岡)
クレーベル(柏)
アルトゥール・マイア(川崎)
ケンペス(千葉・C大阪)
バストス(札幌)
カイオ・ジュニオール(神戸)(監督)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースとりまとめ速報をフォローしよう!

twitterでの反応